家のパノラマは【Googleストリートビュー】でも活用できますので、ほんとコスパ◎で喜ばれてます。

360°パノラマ活用アイデア, マップ検索最適化

家のパノラマサービスでは、専用のモデルハウスパノラマサイトを制作する際に、Googleストリートビューも同時に設定をしております。

いろんなウェブ制作会社さんがあり、提供されているサービスの内容にはバラツキがあるようです。

例えば、

  • 360°パノラマ画像を高画質で【撮影】をする
  • 【合成】して各部屋をVRで行き来できるように【編集】する
  • ネット上のサーバに【公開】する

ココまでの【撮影】【合成】【編集】【公開】で10万とか30万とか、価格にもバラツキがあるようです。

もっと言うと、その撮影し合成した【360°写真素材】の【所有権】についても対応が違うようなので、要確認ですよ。

  • 写真素材を【納品してこない】業者さん(所有権は渡さないというスタンス)
  • 写真素材を【納品する】業者さん←(家のパノラマでは、所有権は共有するスタンスです)

この共有するスタンスから、冒頭のGoogleストリートビューにも二次活用していこう。となってきます。「所有権は渡しません」という業者さんは、こういった二次使用の際に、ビジネスにしたい。っていうことだと思います。

Googleストリートビューの撮影を謳った電話営業多いですよね。この電話営業してくる業者さんは、Googleストリートビュー用に撮影して、合成して、グーグルマップに公開する。ココまでが電話営業で奨めてくるサービスなので、公開して業務終了。写真素材は納品しません。というパターンが多いようです。(モッタイナイですね)

今現在、ウェブ業界の業者さんは

  • Googleストリートビューの撮影・公開 10万〜20万
  • グーグルマイビジネスの初期設定費・MEO対策 1.5万〜15万(バラツキすごいですよ)

こういったGoogle対策をサポートするサービスを個別に提供されています。このバラツキのあるGoogle対策まで、家のパノラマは一貫体制でサポートしますので、手間も予算もレベチだね。と喜ばれています。ちなみ2022年5月31日申込み分までは、コミコミでやります。

このページトップの【Googleストリートビュー】のパノラマと、
【家のパノラマ】を比べられるように、表示してみます。

もっと360°パノラマを
詳しく知りたい!

家のパノラマ説明資料とニュースレターをお届けします。こんな方に、家パノニュースレターは最適です。360°パノラマについて、情報収集中の方。まだ申し込まないけど最新事例が知りたい方。競合他社のパノラマ事例が知りたい方。へ厳選した360°パノラマニュースを定期的にお届け。

ニュースレターを登録する

関連記事一覧

先頭へ戻る